葬儀のときのメイクは薄め

葬儀のときのメイクは薄め

葬儀のときのメイクは薄め 葬儀に出席するときのメイクについて、「薄め」と「ナチュラル」は違います。
「薄め」は化粧をしていることがハッキリしすぎない化粧ということですが、「ナチュラル」は自然な輝きを強調する化粧ということでしょう。
葬儀の時に求められるのは、薄めで化粧をしていることが目立たない状態です。
ちなみに、全く化粧をしないのは社会人として失礼にあたりますのでメイクは必要です。
具体的には、ファンデーションはマットな仕上がりのものを選び、基本的にアイシャドウはつけません。
普段はふと眉の人も目立たない色のアイブロウを使って、なるべく細めに仕上げます。
ハイライトやシャドウ、チークやつけまつ毛やマスカラも、基本的には必要ありません。
口紅は塗らないと全くのノーメイクに見えてしまう可能性があるので塗った方が良いですが、普段よりはトーンの落ちた色合いを選びます。
例えばヴィヴィッドカラーやパール系のものは避け、グロスは重ねないようにしましょう。

葬儀時のネイルの隠し方

葬儀時のネイルの隠し方 通夜や葬式などの葬儀は急に予定が入ってしまうものです。
そのため、綺麗にしたネイルをオフする時間がなかったりすることも多いと思いますが、そんな時にはきちんとネイルを隠して目立たなくしてから葬儀に向かうことがマナーとなります。
普通のマニキュアであればコンビニなどで売っている除光液を使ってさっと落としていきますが、ジェルはそういうわけにはいかない素材です。
そんな時に最も簡単な隠し方が、はがせるマニキュアをジェルの上から塗るということが挙げられます。
これは派手な爪を隠したい時に使う専用のマニキュアで、肌馴染みの良いベージュがどんな濃いジェルであろうともその色を隠してくれる効果があります。
集めに塗ればラインストーンなどもしっかり書くすることができます。
また、つけ爪を利用するのもオススメです。
載せるだけでしっかり隠すことができますが、ストーンなどが載っていると浮いてしまうため注意が必要です。
他にもネイルシールも使えますが、平らな爪にしか効果は発揮しないとされています。