葬儀の情報が満載

葬儀では白いブラウスはNG

葬儀では白いブラウスはNG 葬儀の際に、男性は白シャツを着ているから女性も白ブラウスで大丈夫かと思いがちですが、 女性の白ブラウスはNGだと慣例でなっています。
葬儀には喪服での参列が一番良いですが、訃報とは急にやって来るものです。
時間がなく黒スーツでの参列が多いかと思いますが、時間が無い、準備が出来ない場合は 黒以外であれば、紺などの黒っぽい服装で黒いインナーを着用しましょう。
私服でも利用できるので、黒いインナーを一着用意しておくことも良いかもしれません。
黒いブラウスがあるからといって、どんなものでも良いというわけではなく光沢感のあるものや、透けているようなデザインも良くありません。
また、ノースリーブも適しておらず夏場でジャケットの下に着用をする機会もあるかと思いますが、肌の露出は避けてたほうが良いです。
葬儀は家庭、仕事関係でも参列する機会があるかと思います。
故人を偲ぶために適した服装で、葬儀に参列ができるように突然の訃報に準備をして行きましょう。

ストッキングも葬儀仕様で

ストッキングも葬儀仕様で 普段は肌色の物や白いもの、足首にワンポイントあるものや柄があるものを使用している方が多いですが、お葬式で葬儀に出席する場合は黒いストッキングで葬儀仕様にしましょう。
お葬式の時はブラックフォーマルと言われる、黒いスーツやワンピースなどを着用するのが通常です。
靴もカバンもネクタイも靴下も全て黒で統一することが多いです。
そのため、ストッキングも黒い物を用意しておくと、急なお葬式にでなくてはならなくなった時に慌てなくても済みます。
柄の入ったものは避けましょう。
黒のタイツで代用することも可能です。
女性はアクセサリーで真珠を使用する方もいますが、どうしてもつけるのであれば黒真珠にすることをおすすめします。
また、指輪は結婚指輪のみほうが派手にならずに済みます。
髪飾りは黒いゴムで縛るだけあるいはシンプルな黒いものを着用し、シュシュなどをする時は無地の黒が良いでしょう。
全てを黒で統一するのでストッキングも薄いものでも構いませんので黒にすると良いでしょう。