葬儀の情報が満載

このサイトでは、急な葬儀でも困らないように、女性の服装として相応しいものの選び方をご紹介します。
通夜や葬儀は故人に対して喪に服す気持ちを表す場ですので、故人やそのご家族、親戚に失礼のないよう気をつけなければなりません。
着るものはブラックでシンプルなワンピースなどを選びましょう。
肌の露出は控えた方が良いので、夏場でも5分袖ぐらいのものにしましょう。
また、華美なメイクやアクセサリーはふさわしくありません。

【女性編】葬儀で着るものの選び方

【女性編】葬儀で着るものの選び方 通夜や葬儀の連絡は急に受けるものです。
また頻繁にあるものではありませんので、いざ連絡を受けていろいろと慌ててしまう人も多いのではないでしょうか。
そうならないためにも、ワンセット葬儀用に着るものを揃えておくことをおすすめします。
デパートなどでは、洋服だけでなく小物類もセット売りしているところもめずらしくありません。
マナーに不安を感じる人は、そのようなものを利用すると安心でしょう。
自分で揃える場合は、いくつかの点に注意する必要があります。
例えば、ワンピースの長さは膝下のも、袖も長めのものを選び、なるべく肌の露出を避けたほうが無難です。
バックや靴、ストッキングも黒で揃えましょう。
アクセサリーは結婚指輪など最低限のものに抑えるようにしましょう。

葬儀では女性も地味に抑えるのが◎

葬儀では女性も地味に抑えるのが◎ 葬儀は厳粛に執り行われるイベントです。
普段はオシャレなコーディネートで出かける事が周囲からの評価に繋がります。
しかし冠婚葬祭は例外です。
そこで女性としての個性を出してしまうと、逆に周囲の人々から批判されます。
実際にTPOを守らなかった女性は批判され、場合によっては葬儀での態度をめぐって後で大きな問題に発展します。
普段からカラフルなコーディネートをしている方は要注意です。
シックなカラーのコーディネートを参加する事が大原則ですので、赤色と黄色の上下で参列したり、桃色と紫色と銀色などのコーディネートで参加するなどの行為は絶対に避けましょう。
遺族の方がカジュアルで参列してくださいなどと、特別なアナウンスをした場合もシックなトップスとボトムスで行くのが暗黙のルールです。
また色がたとえ地味だったとしても、銀色や金色の刺繍や派手な小物がついた衣類は避けましょう。
更に一目で分かるブランドロゴが入ったトップスやボトムスも避けた方が得策です。
肌が過度に露出した装いも良くありません。
ミニスカートや胸元が大きく開いたブラウスなども避けた方が無難でしょう。
普段の調子でコーディネートを考えると失敗しやすいため、葬儀に参列する前に家族に確認してもらい、地味目になっているか他人目線でチェックしてもらいましょう。

葬儀に関するお役立ちリンク

愛知県で24時間対応の家族葬の葬儀場・斎場・お葬式についてご紹介します。

愛知県対応の家族葬の葬儀場・斎場・お葬式